head_img head_img

information

HOME > 大阪市都島区旭区 変形性股関節症のページ

















 

 当院の施術を受けられた患者様の声をご覧下さい。

喜びの生声をいただきました!ぜひご覧ください。

 
 



あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

実際に股関節の痛みで施術を受けられた方の感想をご覧下さい。

とにかく凄い!

中河 巧さん 男性 大阪市在住 会社員

「とにかく凄い!」
私は股関節痛に半年間悩まされていました。
これまで沢山の診療を受けてきましたが全く改善されず、
会社の同僚に相談したところ「ゆたか整体院」を紹介してもらいました。
最初は半信半疑でしたが、2度目の施術で痛みの8割が消え、
以前と遜色なく歩けるまでに回復しました。
「とにかく凄い」の一言です。
来月には旅行も決まっているのでそれまで松井先生を信じ
施術に励みたいと思います。

------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
------------------------------------------------------------


大変感謝しております

中田 耕太郎さん 年齢28歳 男性 会社員


治療をうける前は股関節の痛みがつらく、起き上がるのも困難なほどでしたが、
先生に治療をして頂いたことで痛みが消え、以前の不自由のない生活に戻ることができました。大変感謝しております。
また、日頃から自分でできるストレッチの仕方を教えて頂けたことも大きかったです。

------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
------------------------------------------------------------


不安がなくなり、気持ち良くなりました

I.N さん 89才 女性


肩こり、腰痛、歩いた時に起こる股関節の痛みに悩んでおりました。
家族のものがゆたか整体院を体験しよかったとのことで来院しました。
高齢なのできついことをされるのでは?と不安でしたが
施術を受けると全然不安がなくなり、気持ちよくなりました。

------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
------------------------------------------------------------














変形性股関節症とは?

股関節の軟骨が進行性に摩耗、変性する疾患です。
進行していくとやがて軟骨が消失し骨破壊が起こり、関節自体が変形していく可能性があります。

日本では、発育性股関節形成不全や臼蓋形成不全に起因する二次性がほとんどで、その大部分が女性です。

■股関節と臼蓋形成不全



■変形性股関節症はおもに関節裂隙の狭小化の程度によって、4段階に分類されます。


変形性股関節症の症状

股関節の痛み、関節可動域制限が現れて、立ち上がりや歩き始めに痛みを感じる程度から、進行するにつれ持続性の強い痛みになっていきます。

足の爪切りや靴下の着脱が困難になるなど日常生活動作が不自由になり、歩ける距離も短くなります。
歩き方が独特の股関節をかばう歩き方になり、腰痛、膝痛をともなうこともあります。

変形性股関節症の西洋医学的な検査と対処法

単純X線検査
関節裂隙の狭小化、軟骨下骨、骨嚢胞、骨棘がみられる。

-対処-
【保存療法】
股関節への負担軽減、周囲の筋力の維持のため、体重管理、杖の使用、運動療法(ストレッチングや水中歩行)などを行う。
痛みには非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が有用。

【手術療法】
進行例では手術(骨切り術、人工関節全置換術)を行う。

大腿骨骨切り術
大腿骨頭の下の部分をくさび状に切除した後にプレートで骨を固定し、大腿骨頭を内側に傾けたり(内反骨切り術)、外側に反らせたり(外反骨切り術)することで、関節面の触れ合う部分や荷重がかかる部分を変える。

変形性股関節症の原因は?

明らかな原因がなく加齢変化や体重増加が要因とされる一次性股関節症と、発育性股関節形成不全の臼蓋形成不全などに起因する二次性股関節症があります。
家族歴、肥満、重労働、スポーツなどは発症・進行の危険因子。
と西洋医学ではいわれています。

しかし当院は【股関節が正しい位置にきていないから】と考えています。
形成不全などでは痛みがでてくる可能性が正常の人に比べて高いのは仕方がないかもしれませんが、加齢、肥満でも同じような年齢、体型の人でも股関節に痛みのある人とない人がいます。

これの原因は【股関節が正しい位置にきていないから
これは股関節だけが原因なのではなく、足首、骨盤、膝などの箇所が正しいところにないことで股関節も正しくない位置にいってしまい、結果的に股関節に負荷がかかってしまいます。

  

この図のように正しい関節の位置なら最低限の負荷で済みます。
しかも股関節は日常の生活で体重の8倍も負荷がかかるといわれています。
当院ではこの「股関節のズレ」が原因だと考えています。

【体の歪みが起こるとどうなるの?】


体の歪みをほっておくとどうなるの?




変形性股関節症に対する当院の考え方

実は先ほど説明した
股関節のズレ
これだけを確認しても当院では不十分だと考えています。

ここで大切なことはそのズレが起こる原因は人それぞれであること。
それは3つの視点から診ていかなければ本当の原因は分かりません。

1、構造的に股関節に負担がかかる状態になっていないか
股関節がズレる原因は骨盤や膝関節であったり、足首がズレることで股関節がズレることもあります。
その他にも姿勢全体を見て確認します。

細かい関節の歪みを見て、股関節に負担がかかるバランスになっていないかを確認する。
こういったことをまず見ていく必要があります。


2、精神的なストレスはないか
実は精神的なストレスと身体の歪みには深い関わりがあります。
ストレスが溜まるとお腹が硬くなるのですが、そこから身体が前傾姿勢になりバランスが崩れて股関節に負担がかかってきます。


3、内臓に疲労はないか
内臓の「関連痛」というものを聞いたことがあるでしょうか?
腎臓が悪いと腰に痛みがでる、胃が悪いと背中に痛みがでるなど、内臓の状態が悪いと体の表面にコリや痛みとなり現れることをいいます。

内臓の不調で体が歪んでくる場合もあります。
腎臓や胃などの疲労が溜まっている腰に歪みが起こり、股関節のズレにつながります。

これら3つの視点から身体を診ていかないと、本当の原因を知ることはできないのです。

【体の歪みを起こす3種類の疲労とは?】


股関節が正しい位置にいき負荷がかかりにくくなっているか、正しい動きができているかが重要になってきます。

あと重要なものは正しい動きを運動で覚えていくことも大切です。
痛みがあってもできる簡単な体操なども必要な方にはお教えしていきます。

多くの治療院や整形外科では股関節の施術、マッサージなどで終わってしまっているケースが多く、それでは筋肉の捻れや動きまではなかなか改善することが難しいです。

もし今あなたが変形性股関節症や股関節の痛みで悩んでいて 手術まで行く前になんとかしたいと思っていたり、
今の施術に満足できないのであれば1度当院にご相談ください。


痛み、コリ、シビレ
「今の状態はおかしいのでなんとかしてください!」
という
身体のアラームなんです。

その信号を
・シップ
・注射
・痛み止め
・症状のあるところをマッサージや電気
と長年ごまかしながら無視することで、
構造上の変化(関節の変形や組織の異常)につながってしまいます。


しかしその原因となる
身体の歪みには様々な原因が考えられる
生活環境、内臓の疲れ、姿勢、ストレス、身体のクセetc



そこで
ゆたか整体院では


・初回の長いカウンセリング(生活環境、習慣、各部位のズレなど多角的に確認)
・無痛整体(数センチのズレを修正)
・必要であればカウンセリングで導いた原因に対して的確なアドバイス

このようなことを行なっています。

なので
他の病院では改善しなかった頑固な痛み、コリも
根本原因がわかり再発も防ぐことができるのです

結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。













    

ゆたか整体院の特徴








院長からのごあいさつ

はじめまして!「ゆたか整体院」院長の松井です。

私は10年間で月最高350人、延べ約3万人の方々に施術をしてまいりました。

その経験で衝撃を受けた出来事があります。

その一人のクライアント様は20代の女性でしたが、お会いした時には杖をついて歩いて来られました。

話を聞くと1年前から腰痛がひどくなり、整形でマッサージや電気などをされていたようなのですが、全く改善せず20代でコルセットを巻いて杖を持つというところまで悪化してしまったのだそうです。

腰痛の施術をした後に動きを確認してもらった際、動きやすさに驚かれてその直後に、

「一生このままだと思った」

と涙ながらに今まで不安だったことを話してくれました。

私はこの一言に衝撃を受けました。

私は今まで施術する時は

「どうすればこの辛い症状がよくなるのか?」

ということばかりただただ一生懸命考えていました。

この人が腰痛で、

これまでどれだけ不安だったのか?
どれだけ苦しんできたのか?

それを理解せずに今まで施術していたことが恥ずかしくなりました。

その後、この方は施術を重ねるうちに改善し、いまでは腰痛に悩むことなく日常生活を送られています。
この体験から、症状の奥に潜む悩み、不安も一緒に和らげられるように毎日施術をしております。

------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
-----------------------------------------------------------

【経歴】

氏名 松井 孝之
取得資格 柔道整復師・針師・きゅう師
あんまマッサージ指圧師(全て国家資格)


ご同業の先生から推薦の言葉を頂きました!

今でも施術の話で松井先生に相談します。

株式会社 プレビッグ 代表取締役 松村 祐基

松井先生とは、私がまだ見習いの時に同じ職場で出会いました。

一緒に働いていた当時から勉強熱心で、常に新しい情報を取り入れ、痛いところだけでなく根本改善を目指した施術を行っていました。

私は今でも施術の話で松井先生に相談をしています。豊富な知識も松井先生の大きな武器ですが、それ以上に松井先生のお人柄や施術は素晴らしいものです。

松井先生のリピーターが多い理由はここにあるのではないでしょうか。

なかなか症状が改善しない方はぜひ1度ゆたか整体院に相談してみてください
きっと解決策が見つかると思いますよ。


------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
-----------------------------------------------------------



常にお客様の最善を尽くす事を考えていないと出来ないと思います。

爽快堂整骨院 院長 長谷川 博

松井先生は、私が胸を張ってオススメ出来る先生です!

「ゆたか整体院」は痛みの部分だけをみるのではなく、身体全体のバランスを瞬時に把握して根本的に改善させようと施術してくれます。

施術の特徴はその場しのぎのものではありません。

なのでマッサージ感覚で施術を受けに行かれる方は、遠慮された方がいいかと思います。
ただ、そんな方でも1度受けると施術の効果に驚かれると思いますよ!

こんな方々にオススメです!

どこにいっても良くならないと諦めている方

ちゃんと向き合ってほしい方

本気で改善したいと考えている方

など

それと松井先生をオススメする所は施術だけではありません。常にお客様の最善となることを考えておられます。

それは、ご紹介で遠方から来られた方に数回施術した上で、その方の家の近くの信頼できる施術家の先生を紹介されました。来られたお客様を改善させた上で、他の院を紹介された事は、常にお客様の最善を尽くす事を考えていないと出来ないと思います。

私も松井先生の常に真剣な姿勢を見習い、一緒に成長出来るようにこれからもお付き合いして頂こうと思っています。よろしくお願いします。

松井先生、お体に気をつけて一人でも多くのお客様のお悩みを改善していってください。

------------------------------------------------------------
あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
-----------------------------------------------------------




















あなたの腰痛がなくなると、子供を気兼ねなく抱っこしたり、一緒に遊ぶこともできるでしょう。

あなたの肩こりがなくなると、長時間のデスクワークやパソコン作業、家事も気持ちよくこなすことができるでしょう。あなたの頭痛がなくなると旅行やスポーツなどの趣味もこれまで以上に楽しむことができるでしょう。

私たちは辛い症状をとるだけでなく、辛い症状がなくなればなにをしたいのか。それをサポートする存在でありたいと思います。

なんか信用できそう!

と感じられた方はいますぐお電話ください。
私たちが誠心誠意、施術、説明をさせて頂きます。



お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


変形性股関節症のQ&A

Q運動しないといけないと思い、痛いのを我慢して運動していますが大丈夫でしょうか?
A痛みがあるのならしない方がいい可能性があります。
変形性股関節症はもともと負荷がかかって痛みがでています。
痛みがでる運動は避けた方がいいです。もしかすると今の股関節の状態が運動しない方がいいのかもしれません。

当院に通院されている方も負荷がかかると痛みが戻ってくる方も多く、股関節は人体で1番負荷のかかる部分なので、慎重に進めていく必要があります。
するのであれば痛みのない程度に行うのと、深くしゃがむ、まげるなどの運動は痛みのあるうちはしない方がいいです。


Q手術といわれています。その状態でも大丈夫ですか?
A1度みさせてもらってからの判断になります。
手術といわれているということは現在かなり変形が進んでいたり痛みが強いのだと思います。
施術で股関節の位置が整っても変形が著しければ痛みがとれないケースもあります。
1度施術をしてみての判断になってくると思います。

また股関節の場合は他の症状に比べて施術の期間が長くなることがあります。
毎回全力で施術させていただきますが、股関節は痛みがでると負荷がかかりやすい分改善されにくく時間がかかってしまいます。


院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 整体の流れ

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ


肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る