head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 大阪市都島 腰痛/内臓ページ

腰痛/内臓

腰痛のなかには内臓由来の場合もあり注意が必要です。

 

なぜ内臓の悪さから腰痛がでるのか

・悪くなっている内臓が腫れて大きくなり、腰を圧迫している

・内臓の神経と腰の感覚神経が近いので、腰の痛みと間違って信号を送ってしまっている

など

こういった原因があると言われています。

 

具体的に痛みを出す疾患としては

・泌尿器系疾患:腎臓・尿路結石、泌尿器の癌(腎、尿管、膀胱)、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症

・消化器系疾患:慢性胃炎、胃潰瘍、胆石、胆道結石、胆のう・胆管炎、消化器の癌、十二指腸潰傷、慢性膵炎

・循環器系疾患:腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症

・女性に特徴的な疾患:子宮筋腫、子宮・卵巣癌、卵巣膿腫、卵巣炎、月経困難症

 

 

内臓痛の特徴としては、ジッとしていても痛みが変わらないこと

腰の筋肉や関節に異常がある場合は動くと痛みが強くなります。

 

腰痛の特徴でジッとしていても腰の痛みが全く変わらずにズキズキ痛む場合は、整体院などよりまずは病院で検査をしてもらうことをオススメします。

 

 

それで異常なしといわれれば整体など体を整えていくことで痛みが楽になっていきます。

 

内臓由来の痛みでも施術してもある程度楽になることもありますが、根本的に悪くなっている内臓をよくしないとすぐに再発してしまいます。

 

 

どこかに痛みがあると内臓をすぐに疑ってしまうという方がいますが、そんな方は逆に姿勢を変えたり、動かしてみて痛みが増すのかを確認してください。

 

 

痛みやコリのほとんどが筋肉、関節などが悪くなってでているので、ちゃんと施術していけば改善できるものですよ^^

 

 

辛い腰痛をあきらめることはありません。

私たちと一緒に頑張りましょう^^

 

もしピンと来た方はいますぐお電話ください^^

 

都島で腰痛にお困りの方がこの情報で少しでも減ってくれれば幸いに思います^^




お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


そのほか腰痛に関連する項目です。(クリックしてください)

  腰痛のタイプ / 腰痛の原因 / 腰痛以外の下半身の症状

  病院で診断された症状 
/ 骨盤調整について


院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る