head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 大阪市都島 腰痛/分離症のページ

腰痛/分離症

当院には整形外科でなにかしらの疾患を診断されたが、整形で一向によくならない方も多数来院されています。

 

このページでは「分離症」についてご説明していきたいと思います。

 

Q、分離症ってなに?

背骨の骨は下図のように骨がのっていますが、

分離症とは背骨を支えている骨が折れてしまっている状態です。



こんな感じ

 

分離症は主に疲労骨折で生じるといわれており、バリバリスポーツをしているお子さんに多いです。

小学校高学年から中学生にかけて起こることが多い。

 

 

 

Q、どんな症状がでるの?

主に腰痛、前屈で手が届かない、後ろにそらすと痛い

という症状がでます。整骨院やマッサージに通っていたがなかなかよくならずに、整形外科にいって「分離症」とわかるケースも多いようです。

 

そのままほっておいて生活していると、腰の骨が支えがないのでそのまますべっていき、「分離すべり症」になってしまうケースもあります。

すべり症の詳しいことが知りたい方はこちらすべり症

 

 

Q、病院ではどんな治療をしてくれるの?

病院では骨の癒合が見込まれる場合はコルセットで固定し癒合するのを待ちます。

症状がひどい場合や癒合が期待できない場合は骨折している部分を固定する固定術が行われます。

 

 

 

Q、当院ではどうするのか

実は痛みがでているのは分離しているからでているのではなく、周りの組織から痛みがでているケースがあります。

・まず分離を起こしている周辺の筋肉が過緊張を起こしているので、そこをゆるめます

・その後骨盤、腰の骨を整えます

 

 

これらのことをするだけで随分楽になります。

分離症は安静にと言われてスポーツをしたくてもできない学生が多くいます。

そんな学生の力になれればと思います。

 

 

辛い分離症をあきらめることはありません。

私たちと一緒に頑張りましょう^^

 

もしピンと来た方はいますぐお電話ください^^

 

都島で分離症にお困りの方がこの情報で少しでも減ってくれれば幸いに思います^^




お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


そのほか腰痛に関連する項目です。(クリックしてください)

  腰痛のタイプ / 腰痛の原因 / 腰痛以外の下半身の症状

  病院で診断された症状 
/ 骨盤調整について


院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る