head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 大阪市都島区 子宮内膜症のページ









この様な悩みがあるなら、1度このページだけでも読んでみてください。



子宮内膜症について

子宮内膜症とは

子宮内膜症は現代病とも言われて、昭和40年代の女性と比べて3倍にも増えています。

月経のある女性の10人に1は子宮内膜症であると言われており、特に20代~30代の女性の患者が急増しています。


子宮内膜症は、本来は子宮の内側にある子宮内膜が、子宮以外の場所
(卵巣、
腹膜など)で増えて、その膜がはがれてしまうのを繰り返す病気です。


子宮以外の場所で増えた子宮内膜は腹腔内にとどまってしまい、炎症や痛み、癒着

(細胞同士がくっつくこと)の原因になります。

強い生理痛などを引き起こす場合もあれば、無症状のまま進行してしまう方もいます。子宮内膜症は良性の腫瘍なので、症状に合わせた治療を行っていきます。

しかし、子宮内膜症があると不妊症の原因になってしまったりもするので、気になる場合は婦人科を受診されることをオススメします。


子宮内膜症の症状



子宮内膜症は様々な症状が起こり、その程度も個人差が大きくなります。
子宮内膜症の症状として1番大きいのは強い下腹部の痛みです。
通常の生理痛の痛みよりもさらに強く、痛み止めが効かないくらい強い痛みが起こる場合があります。

*その他の症状として

・強い生理痛がおこる(生理がくる度に痛みがひどくなる)

・生理のときの出血量が多い

(レバー状の塊のような経血が出たり、ナプキンが1時間ももたない等)

・生理の時以外でも下腹部痛がおこる(腰痛や股関節痛もおこる)

・お腹を下しやすくなる

・排便痛や性交痛などの痛みもおこるようになる

・不妊症
など

このような症状が、生理がくる度に強くなってしまうのが子宮内膜症の特徴でもあります。


月経の仕組み

子宮内膜症の原因を説明する前に、生理(月経)のしくみについてお伝えします。

・生理(月経)のしくみ

まず、生理が終了する頃から排卵が起こるまでの期間(=卵胞期)に、

左右どちらかの卵巣で通常、一つだけ卵胞(卵巣内にいくつもある、

卵子がはいっている袋)が発育し始めます。卵胞が発育してくると、

卵胞をつくっている細胞から出る、エストロゲンというホルモン量も次第に増えていきます。

このエストロゲンの影響によって子宮内膜は徐々に増え、厚みが増していきます。

卵胞が破裂して卵が卵巣外へ放出される(=排卵が起こる)と、その後に卵胞は

LHホルモン(黄体刺激ホルモン)の働きにより黄体へと変化していきます。

黄体が形成されると、今まで分泌されていたエストロゲンに加えて、プロゲステロンが同時に分泌されるようになります。

プロゲステロンには、エストロゲンの作用によって増殖した子宮内膜に栄養分を貯め込むなどの働きがあり、結果として子宮内膜を受精卵の着床に適した環境となるように作用します。


こうして妊娠に向けて準備をしたにもかかわらず妊娠が成立しなかった場合には、卵巣に形成されていた黄体は自然に退縮してしまい、それと同時にそこから分泌されていたエストロゲン・プロゲステロンともに急激に減少するようになり、その結果、子宮内膜が一気に剥がれ落ちて出血が起こるようになります。

これが生理(月経のしくみ)です。


子宮内膜症の原因

生理(月経)はこのような流れは上記のように起こっています。
では、子宮内膜症の原因は何なのでしょうか。

内膜症の原因は未だはっきりと解明されてはいないのですが、次のケースが有力とされています。

・子宮内膜症のメカニズム

生理の時に子宮内膜から剥がれ落ちた月経血は子宮口から排出されます。

その一部の月経血が卵管を通って腹腔内に逆流することがあります。
逆流した血液中には、子宮内膜細胞が浮かんでおり、その細胞が子宮以外の場所で落ち着いてしまい、子宮内膜と似た組織を作り広がっていきます。

この組織は月経時と同じように出血しますが、子宮口のような排出する出口がないのでその部位に溜まるしかなくなるのです。

これが子宮内膜症のメカニズムといわれています。


子宮内膜症ができやすい場所

子宮内膜症ができやすい場所は、腹膜、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)です。
卵巣にできたものを卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)とよびます。

ごくまれに、肺など遠く離れた臓器にできる場合もありますが、骨盤内にできるケースがほとんどです。


卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)では稀に悪性化が見られたという報告もあります。

卵巣がんそのものの発生率は0.7%ぐらいですが、卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)があることがわかったら、必ず定期的に検査を受けましょう。

 

子宮内膜症は良性の病気ですから、それ自体で命にかかわることはありません。

症状のコントロールをしながら、閉経までの間、気長につきあっていく病気なのです。




子宮内膜症の西洋医学的治療法

子宮内膜症の治療方法には、手術療法と薬物療法があります。

どんな治療法を選択するかは、本人がどのようなライフスタイルを送りたいかで異なりますので、医師とよく相談をして決めていくことになります。

 

ただし、超音波検査で、5cm以上の卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)が見つかった場合は、破裂のリスクを避けるために早めに手術を受けたほうがよいでしょう。


・手術療法

薬では治療困難な内膜症の場合、あるいは妊娠を希望する内膜症の方は、手術療法が効果的ですし、最も根本的な治療法です。

 

《妊娠を望む場合は保存手術》

将来の妊娠に備えて病巣のみを切除し癒着をはがします。卵巣と子宮の正常部分は極力残すやり方で、生殖機能が維持できます。

保存手術は、現在は、開腹することなく腹腔鏡手術で行うことが主流となっています。ただ、術後に必ず妊娠できるとは限りません。
また、卵巣にできたチョコレート嚢胞の保存手術をすると、卵巣の妊娠能力が低下する可能性が結構あり、どんな時でも手術が一番良いとは言えなくなっています。

さらに、月経が重なれば内膜症が再びできて術後2年以内に約3割の人が再発するといわれています。

 

《妊娠を望まない場合》

根治手術は、開腹か腹腔鏡で行い、出産を終えた人や、出産しない選択をした人が対象となります。保存手術を経て出産後、根治手術をする人もいます。

重症の場合などには、左右の卵巣、子宮、卵管などをすべて摘出しますが、術後に更年期症状が出やすいというデメリットがあります。
そのため、卵巣の一分を残し、子宮その他卵管などを摘出する卵巣機能温存手術を行うこともあります。この方法では、卵巣を残すことで、更年期症状などを軽減できます。

・薬物療法

痛みから解放されたい人に効果があるのが薬物療法です。
排卵を抑え、月経量を減らす低用量ピルや、内膜の増殖を抑えるホルモン治療薬などがあります。

ただし、この方法は、すぐに妊娠を望む女性には向きません。

また、副作用などが起こる場合があります。
ホルモン治療薬は、ホルモンの量などに応じて、それぞれ何種類か発売されているため、医師と共に試しながら自分にあう薬を探してゆくようにしましょう。

 

《対症療法》

鎮痛剤・漢方薬などで比較的軽い症状の痛みを取り除きます。
鎮痛剤は、痛みが強くなる前に早めに服用することがコツです。これら対症療法は単に痛みを一時的に和らげるだけの効果しかありません。
内膜症そのものを治療したり、内膜症の進行をくい止める効果はありません。

 

 

《偽妊娠療法(経口避妊薬)》

低用量ピルと呼ばれているもので、月経時に剥がれ落ちる子宮内膜が増えるのを防ぐため、月経の量が減り月経痛も抑えます。
経口避妊薬は、妊娠時に近いホルモン状態にすることにより、月経痛などの症状を抑えるのです。
肌荒れ改善などの効果がある一方で、吐き気や頭痛、不正出血の副作用が出る場合があります。最近、子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬として、超低用量ピルが認められ発売されました。

 

《ジェノゲスト療法(黄体ホルモン薬)》

20081月に発売された薬で、黄体ホルモンであるジェノゲストにより女性ホルモンの分泌を抑え、直接病巣にはたらいて病巣の縮小と諸症状の改善をもたらします。
ジェノゲストは、長期間と使用しても女性ホルモン(エストロゲン)を必要以上に下げないために更年期症状を起こしにくく、骨塩が減少することもありません。

今後、ジェノゲストは子宮内膜症に対して、第一に使用する薬として位置付けられ、長期間使用できる薬剤として、広く使用されていくものと思われます。



代替医療で子宮内膜症を改善する

整体で子宮内膜症の症状を改善するために大切なことは…

 

①血流、リンパの滞りを改善すること

からだの血流は臓器や細胞に栄養を運び、リンパは老廃物を流します。

この2つの循環が上手くいっていないと、剥がれ落ちた子宮内膜などの処理がうまくいかずに子宮以外に残ってしまうということも考えられます。

血流が悪いと卵巣や子宮など臓器のはたらきも落ちるため、症状を改善していくためには血流、リンパの流れを改善していくことが大切です。

 

②骨盤や腰の骨などの、構造上の問題を改善すること

子宮筋腫、子宮内膜症などを患う人に多いのが、骨盤の角度が悪いということです。

デスクワークやハイヒールの影響で猫背、反り腰が常態化しており、そういう方は必ず生理痛がひどくあらわれます。

骨盤の角度が悪いだけでなく、骨盤の捻じれがあると子宮自体も捻じれてしまいます。そうすると当然血流、リンパの流れも悪くなります。

また、腰の骨からは生殖器につながる神経が出ているので、腰の骨にも歪みがあると、子宮内膜症にはいい影響を与えません。

 

子宮内膜症の症状を改善する施術では、まず全身の骨格の歪みを治し、その後に、全身の循環をよくする整体を行っていきます。

また、からだにある卵巣などの生殖器の反応店(ツボ)に刺激を与えることで、生殖器への血流循環がよくなるようにします。

骨格の歪みの施術と、生殖器のツボをつかった施術を組み合わせることにより、子宮内膜症の症状を改善していきます。

 

当院の整体を受けられる前には、病院に行き診断してもらってください。婦人科系は症状が似たような病気があるため、受診をお勧めします。

 

●最後に、子宮内膜症でお悩みの方へ

子宮内膜症は痛みのきつい病気です。

内膜症と診断されたが、手術には抵抗があったり、鎮痛剤やホルモン療法などの薬物療法はあまり気がすすまないという方もいらっしゃいます。

その際は整体で子宮内膜症の症状を緩和していくこともできますので、一度ご相談ください。

モチロン、医師の治療を受けながらでも整体施術をすることは可能ですので、気になる方はぜひご連絡くださいね。



関連記事

女性ホルモンに関係する症状への当院の施術

 婦人科疾患でお悩みの方はこちら

婦人科疾患に関係する記事

PMS(月経前症候群) / 子宮筋腫 / 子宮内膜症 / 基礎体温を知る大切さ

 更年期障害でお悩みの方はこちら

更年期障害に関係する記事

閉経後に起こること / 晩婚化の現代で問題になる早期閉経 / 自分でできるケア

 妊娠に関してお悩みの方はこちら

妊娠に関係する記事

 不妊症 / 妊娠中、マタニティでの整体と考え方 / 産後の症状



お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970



院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 整体の流れ

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ


ページトップに戻る