head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 肩こりと不眠のページ

肩こりで不眠になる!?その原因は○○!

夜眠るとき、ぐっすり眠れない。そんな悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。
日本人5人に1人は「夜、寝つきが悪い」や「睡眠途中で目が覚めてしまう」などの不眠の症状で悩んでいるとされています。

不眠にはそれぞれ種類があって、

・入眠困難…寝ようとしてからなかなか眠りに付けない。(30分~1時間以上)

・中途覚醒…夜眠りについても、朝までの間に何度か目が覚めてしまう。

・早朝覚醒…起きる時間、または通常の2時間以上前に目が覚め、その後寝られない。

・熟眠障害…眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

このそれぞれどの種類に当てはまっても「不眠」の状態だといえます。


不眠の原因は様々

不眠の原因はたくさんあります。

1心理的原因

何らかのストレスに関連して起こる不眠。ストレスにより自律神経のバランスが乱れ、脳の緊張状態が続き、不眠の状態を引き起こします。

 例)仕事上の問題、家庭の問題など。

2身体的原因
身体の病気や症状が原因で起こる不眠。

 例)外傷や関節リウマチなどの痛みを伴う疾患。湿疹や蕁麻疹などの痒みを伴う疾患。 喘息発作や頻尿、花粉症など。

3精神医学的原因

精神や神経の病には、不眠を伴うことが少なくありません。なかでも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。

憂うつな気分が続いたり、これまで楽しかったことが楽しめなかったりするのは、うつ病かもしれません。それが原因で眠れなくなったりします。慢性的な不眠症では、3分の1から半数は、何かしらの精神医学的な疾患を持っているとも言われています。落ち込んだり憂うつな気分が続く時は注意が必要です。

4薬理学的原因

服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠があります。代表的な薬には、抗がん剤、自律神経・中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

アルコールやカフェインの過剰摂取によっても交感神経が高まり不眠を引き起こします。

5生理学的原因

睡眠を妨げる環境による不眠があります。

海外旅行や出張による時差ボケや、受験勉強や職場の勤務シフトなどによる生活リズムの昼夜逆転など、ライフスタイルが大きく変わると、眠ろうとする機能が低下し、眠る機会が妨げられることがあります。

このように不眠には様々な原因がありますが、不眠の原因のひとつとして“肩こり”があるのはご存知でしょうか?肩こりと不眠。直接的な繋がりを感じにくいかもしれませんが、実は肩こりのせいで不眠になっているケースもあるのです。



肩こりの人は睡眠の質が下がっている

肩こりを感じている人は、肩こりがない人に比べ睡眠の質が低い傾向にあります。例えば、「起きた時に、疲れが残っている」「寝付くまでに時間がかかる」「寝ているときに何度か目が覚めてしまう」などの自覚症状を感じる方が多いです。また、「朝起きたときに首や肩が痛い(重たい)」などの状態も肩こり型不眠になっている可能性があります。


肩こりと不眠の関係性

なぜ、肩こりが睡眠の質に影響するのでしょうか?肩こりが不眠に関係する原因として、自律神経()の乱れがあります。

()自律神経とは…人の体は、自律神経によって体の働きをコントローしています。

自律神経には、アクティブな活動を促す「交感神経」と、リラックスや休息をもたらす「副交感神経」があります。この二つの神経がバランスを取り合うことで人の体は正常に働くのです。



そして自律神経は首の骨と頭蓋骨の接続部に集中していて、首や肩まわりの筋肉が硬くなったり、骨のズレなどにより圧迫されると自律神経の働きが乱れてしまう可能性もあります。

人が昼間行動している時には「交感神経」優位な状態になっています。これが夜にかけて「副交感神経」優位な状態になり、眠りにつくことができます。

肩こりを感じている人は、寝ている間も筋肉が緊張した状態や痛みが続くことで、自律神経のバランスが乱れ、体の働きが不安定になると考えられます。そのため、途中で目が覚めたり、睡眠が浅くなってしまうのです。


不眠が引き起こす負の連鎖

このような不眠の状態が続くとそれがストレスとなり、さらに自律神経は乱れます。自律神経の乱れから、さらに肩こりが悪化してしまうケースは多くあり、不眠がさらなる肩こりを招き、その肩こりがまた不眠を招くという負の連鎖の状態になってしまいます。


肩こりを改善して睡眠の質をよくしましょう。

整体では肩こりの原因になる姿勢の歪みや、骨のズレを改善することができます。そのことによって自律神経のバランスが安定して、肩こり型不眠の改善を図ることができます。慢性的な肩こりがあって、不眠の状態が続いている方はぜひ1度ご相談くださいね。


お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


そのほか肩こりに関連する項目です。(クリックしてください)

  肩こりのタイプ / 肩こりの原因 / 肩こりに伴う症状

  スマホをよく使っている人の症状 
/ パソコンをよく使う人の症状

院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る