head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 大阪市都島区 インピンジメント症候群のページ

インピンジメント症候群による肩の痛み

肩の痛みの種類はたくさんあります。

痛む場所などで原因の部分がちがいます。

 

このページでは整形外科で診断される肩の痛みの中の、「インピンジメント症候群」についてご説明していきます。

 

 

Q「インピンジメント症候群」とは

インピンジメント症候群とは、肩の関節と靭帯でできた隙間が何らかの原因で狭くなり、筋肉を挟むことで痛みがでてしまう肩の痛みのことです。

このように隙間があるのですが、そこを筋肉がうまく通らなくなった状態です。

ひどい場合は炎症が起きて少しの動きでも痛みが出てしまうようになります。

 

 

Qどんな時に痛みがでるのか

肩を上げたりなど、筋肉が隙間に挟まる動きをした時に肩の痛みがでます。

 

インピンジメント症候群の検査











手のひらを下に向けたまま肩を上げていく

この動作の時により隙間に筋肉が挟まれて肩の痛みがでます。

この動作で痛みがでるという場合は「インピンジメント症候群」の可能性が高いです。

 

 

Qどんな人がなりやすいのか

・姿勢が猫背などで普段から隙間が狭くなる姿勢をとっている

・肩をよく動かす仕事かスポーツをしている(野球など)

この様な人たちは肩に負担がかかりやすく「インピンジメント症候群」になりやすいです。

 

 

Q、ではどうするか

当院で「インピンジメント症候群」での肩の痛みに対する施術プログラムは

 

・まず痛みがでている原因を問診、検査で確認(姿勢やスポーツ、日常動作など)

・痛みの原因になっている関節や筋肉に施術を行う

・肩の位置を本来の位置に戻して隙間を広くしていく

・姿勢を戻すトレーニングを行い普段から強くしておく

 

 

その人の状態をみて、この他にも基礎となる腰、骨盤、首も施術をしていく場合があります。

 

 

インピンジメント症候群も姿勢から考えて施術することも大切と当院は考えています。

あきらめずに私たちと一緒に頑張りましょう!!

 

 

もしピンときたらすぐにお電話くださいね。

 

大阪市都島区で「インピンジメント症候群」での肩の痛みに苦しむ人がこの情報で少しでも減ったら幸いです^^







お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970



院案内

  トップ 
/ 初めての方へ / メニュー / 整体の流れ

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る