head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 大阪市都島 肩こり/顎関節症のページ

顎関節症の症状



肩こりがきつくなると口が開かなくなったり、アゴがゴリゴリ音が鳴り出したりして困られている方

それはもしかしたら顎関節症かもしれません。

 

 

顎関節症とは?

口を開けたり閉じたりする筋肉に痛みや違和感を覚える筋肉の異常と、

顎関節自体に痛みや違和感、ゴリゴリと雑音がしたり、口が開かなくなったりする症状を

まとめて顎関節症といいます。

特に女性が多くこの顎関節症になってしまいます。

 

 

自分で顎関節位置異常の調べ方とは?

・大きく口を開けたときに指が縦3本入らない

3本入るが耳や頬の前が痛い

 

次に耳の前1cmのところに指を当てて、口を開け閉めする。その時に

・その時アゴの関節が1cm以上動かない

・左右でアゴの動きが違う

・ガリガリ、ゴリゴリ音が鳴る

 

食事中に

・アゴが痛くて噛み切れない

 

上記の中の一つでも当てはまるのなら、顎関節症の可能性があります。


原因は?


原因は様々なものが絡み合って起こるといわれています。

・精神的ストレス

・疲労

・姿勢

・歯の噛み合わせ

・歯ぎしり、食いしばりの習慣

・片方ばかりで物を噛む

・うつ伏せ寝、頬づえ

 

こういったものが絡み合って発症してしまいます。

一度あなたの生活習慣を見直してみてください。

 

この中でフォーカスしたい原因は、姿勢です。

なぜ姿勢が悪いとアゴに負担がかかってしまうのか?





姿勢はアゴ以外にも全身に影響を及ぼしますが、

実は猫背などで頭が中心線より前にいってしまうと、下アゴは筋肉によって後ろに引っ張られてしまうのです。




このことにより口を開け閉めした時、本来のアゴの動きと少し違った動きになってしまい、

アゴの関節がぶつかり合ってしまい、痛みを出してしまうのです。



その異常な動きを長期間続けると、痛みだけでなく関節も変形してしまいます。













施術方法は?


・首の関節の調整

実は首のある部分がアゴの開け閉めと深く関係しているので、首の関節を整えていくことで

スッと口が開くこともあります。

 

・口の開け閉めをする筋肉を調整する

アゴの動きが悪くなっていると、口を開け閉めする筋肉に負担がかなりかかるため、疲労を起こして

痛みにつながっています。

その筋肉の施術をして疲労を取り除きます。

 

・姿勢の調整

先ほども説明しましたが、悪い姿勢でアゴへの負担が大きくなります。

姿勢を調整して負担のかかりにくい状態を作っていきます。

 

これらの施術をすることでずいぶんかわってきますよ^^

 

 

辛い肩こり、顎関節症をあきらめることはありません。

私たちと一緒に頑張りましょう^^

 

もしピンと来た方はいますぐお電話ください^^

 

都島で肩こり、顎関節症にお困りの方がこの情報で少しでも減ってくれれば幸いに思います^^




お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


そのほか肩こりに関連する項目です。(クリックしてください)

  肩こりのタイプ / 肩こりの原因 / 肩こりに伴う症状

  スマホをよく使っている人の症状 / パソコンをよく使う人の症状

院案内

  トップ / 初めての方へ / メニュー / 

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る