head_img_slim

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME >大阪市都島 VDT症候群のページ

VDT症候群とは


VDT症候群とは


パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の
作業により、目や身体や心などに様々な症状を引き起こしてしまう一種の職業病です。

別名 “IT眼症(がんしょう)” とも呼ばれています。

写真の説明を記入します

VDT症候群のメカニズム

目・肩・腰などへの負担が大きいパソコン作業は、長時間同じ姿勢で座ったままモニター画面を注視し、キーボードやマウスを操作する拘束的な作業です。

 その結果、眼や上半身の疲労が蓄積しそれにより様々な症状が出てきます。
たとえば、目の長時間の酷使により、眼精疲労やドライアイが起こりやすくなります。
また、長時間のキーボードのタイピングにより、肩や首の筋肉が緊張し、肩こりや首のこり、腕や手首の痛み、手指のしびれなどが起こることがあります。

椅子に長時間座っていると、腰痛などの原因にもなります。
目の疲労はもちろん、パソコン操作による肩・首の筋肉の緊張などの体の不調から精神的な苦痛(ストレス)が少しずつたまってきます。
それにより、頭痛や不眠、精神的な疲労感などの精神神経症状が現れてきます。

携帯やスマホ、パソコンから発せられる電波は体に悪影響を出すことが医学的にも知られており、VDT症候群の体に対する影響はパソコンでの肩こりなどの軽い症状だけでなく、精神的、肉体的にかなり大きな負担になることが考えられます。


VDT症候群の主な症状

VDT症候群の主な症状として

・目の症状

・首、肩、背中の症状

・心の症状

たくさんの症状がでます。


VDT症候群で起こる可能性のある症状をひとつずつ説明していくと

・目の症状

目が疲れる、痛む、乾く、かすむ、ぼやける、充血、視力低下など

・首、肩、背中の症状

首、肩、背中がこる、痛む、だるくなる、頭痛、めまい、のどのつまり感

さらに進行すると寝違いや首が回らなくなったり、肩が上がらなくなったりします。

・腕の症状

腕のだるさ、シビレ感

さらに進行するとシビレがでてきて、力が入りにくくなったり、触っても知覚が感じられなくなったりします。

・心の症状

イライラしやすくなったり、 不安感、抑うつの症状など

・そのほかの症状
食欲不振、過食、吐き気、月経不順など

この様な症状で悩まされるようになります。

原因はパソコンですが、やはり仕事で使わなければならない方は症状がでやすいです。


VDT症候群の対策

対策としては

・長時間同じ姿勢をしないこと
1時間作業したら10~15分休憩をとるようにしましょう。

・合間合間でリフレッシュを心がけること
体を軽く動かしたり、遠くを眺めるなど、リフレッシュをしてみてください

・普段の仕事の姿勢、環境に気をつけること
ディスプレイの明るさは室内と同じくらいに調整
位置は目よりやや下の位置にして、意識的にまばたきをする
キーボードを置くデスクは奥行きのあるものにする
( 作業時に腕が浮くようなものは肩こりの原因になります)
椅子は深く腰かけられ、背もたれ部分が十分なものにする
高さは、足裏全体が床につくくらいがベストです



これらのことをパソコン作業中に日常意識することで随分楽になりますよ(^-^)

それでもとれない、ドンドン辛くなるという場合は整体の必要性を
考えてみてください。

定期的な気分転換が効果的です

パソコンに向かいすぎるとよくないので

定期的に気分転換してくださいね。


VDT症候群の対するゆたか整体院の施術


VDT症候群の方はマッサージをしてもなかなか改善することがありません。


VDT症候群のポイントは
・首の関節のズレを戻すこと
・肩甲骨を調整すること
・姿勢を正しく維持できるように腰や背中を調整すること


そしてここが重要なのですが、首の前面部の筋肉、関節を調整することです。

 

これらの施術をすることでずいぶん症状が楽になり、再発も防ぐことができます。

 

病院や他のマッサージ、整体院にいってもなかなか改善しない方は一度ご相談ください。

 

辛い肩こりをあきらめることはありません。

私たちと一緒に頑張りましょう^^

 

もしピンと来た方はいますぐお電話ください^^

 

都島で肩こりにお困りの方がこの情報で少しでも減ってくれれば幸いに思います^^

 


お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-89-4970


そのほか肩こりに関連する項目です。(クリックしてください)

  肩こりのタイプ / 肩こりの原因 / 肩こりに伴う症状

  スマホをよく使っている人の症状 / パソコンをよく使う人の症状

院案内

  トップ / 初めての方へ / メニュー / 

  お客さんの喜びの声 
/ アクセス / お問い合わせ

肩こり情報へ

腰痛情報へ

頭痛情報へ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る